harg療法をすればコンプレックスとさよならできる

抜け毛の治療

医者

まずは治療法を知る

病院でAGAの治療をしてみたいけれど、どういう治療が行われるのかと不安な場合があります。AGAの主な治療法は、薬での治療や、メソセラピー療法、植毛治療などがあります。薬での治療は、飲み薬や直接頭皮に塗布する外用薬があります。飲み薬には、ミノキシジルや、プロペシアというAGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える効果のある薬があります。ミノキシジルやプロペシアは、血管の拡張作用があり栄養分が毛根などにも行き渡り、発毛を促す成分があります。次に、メソセラピー療法というものは、HARG療法とも呼ばれ、毛髪再生治療です。これは、注射器などを使用して育毛成分や発毛成分を直接頭皮に注入します。そうすることで、毛乳頭や毛包を活性化し、毛幹を再成長させる効果が期待されています。また、AGAの進行が進みすぎると毛根や毛包がなくなってしまうこともあります。そうなると、薬や治療をしても毛髪の成長なども期待できません。そのような場合に植毛治療が施されます。自分の毛を使って植毛することが一般的になっています。しかし、高度なテクニックが必要となってきますので、確かな技術を持った病院選びが大切です。病院選びというのは、なかなか難しいものです。AGAの治療を始める前に、無料でカウンセリングを行ってくれる病院も多くあります。病院選びは迷いますので、信頼できる自分に合った病院を選択するためにも、無料カウンセリングを行っている病院を探してみましょう。

Copyright © 2017 harg療法をすればコンプレックスとさよならできる All Rights Reserved.